アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年12月
« 10月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
説明する男性

リロケーションは英語の配置転換、移転といった意味からきています。
賃貸業界においては所有する物件を一時的に期間を限定して貸し出す形態の賃貸借契約であり、海外では比較的昔から行われていました。
しかし日本では賃借人の権利が強いこともあり、一旦借りた住宅は賃貸人であっても同意がないと出て行ってもらうのが難しいという問題を抱えていました。
そこで賃貸物件の流動化を起こして、需要を掘り起こすなどの目的で平成4年8月1日に従来の法律であった借地法や借家法などを排して、新たに借地借家法を制定します。 (さらに…)

コールセンターの女性

賃貸物件を貸し出すからには誰もが出来るだけ高い賃料収入を望み、委託管理料金は低いほうがいいと考えるのは当然です。
しかし実際の賃料は賃貸人の思惑だけで決定するのではなく、その地域の賃貸相場や物件の状態、更には管理委託する場合はその委託先の会社の意向も反映されます。
リロケーション物件も同様で、賃貸人は不動産について詳しくないケースも多いため、賃貸管理を委託する会社の方針や能力が非常に重要になってきます。
物件を賃貸人が会社に委託する場合には担当者と話し合って賃料を設定することになります。 (さらに…)

案内する女性

分譲マンションをご購入後、何らかの理由でその物件に引越が完了されていない人は多いはずです。
また、引っ越したものの転勤や出張などで長期の不在を余儀なくされ、誰も住まない状態のまま1年・2年と未入居状態などよく聞く話です。
他にも2LDK・3LDKの物件に一人暮らしというもったいないような贅沢な暮しを不本意になされている人もいるはずです。
こういった方々にとってとても理に叶った物件の貸し方を提案しているのが、リロケーション物件です。
またの名を短期賃貸借契約です。
個人オーナー様でも扱いはわりと簡単ですがスムーズに借り手を見つけ運営しようと思えば、物件近隣の不動産会社に賃貸管理を任せるのが一般的です。 (さらに…)